目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)建物・設備の知識 共同住宅の避難規定

 


賃貸不動産経営管理士の試験対策問題集より私がやっていてこれは勉強しておいた方が良さそうな内容をPICK UPしてご紹介します。

【試験対策】建物・設備の知識 共同住宅の避難規定
これまであまり出ていなかった部分です。

平成29年問28で出題されていました。

共同住宅の避難規定

1.直通階段

その階における居室の床面積の合計が100㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は200㎡)場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則である。

ただし、居室の面積の合計が100㎡(耐火構造・準耐火構造の場合は200㎡)以下で避難上有効なバルコニーを設ける場合は、屋外避難階段か特別避難階段である直通階段を1つ設置すれば良い。

2.避難通路の幅

住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合には、 1.6m以上の廊下の幅が必要とされる。

直上階の居室の床面積の合計が200㎡を超える階では、120cm以上の階段の幅が必要とされ、それ以外のものは75㎝以上必要。


屋外階段では、90cm以上の幅が必要とされる。

さらに、屋外への出口または屋外避難階段から道路までは1.5m以上の通路を設けなければならない。

3.非常用照明

建築物の各室から地上へ至る避難通路となる廊下や階段には、非常用照明の設置義務があり、非常用照明はバッテリーを内臓した照明器具で、停電時に自動的に点灯するしくみでないとダメ。

4.非常用進入口

3階以上の階で高さ31m以下の階には、火災時に消防隊が外部から侵入できるように非常用の侵入口を設けないといけない。

ただし、非常用の昇降機を設置している場合や非常用進入口に変わる窓として、各階の外壁面の長さ10m以内ごとに、1mの円が内接できる大きさ、または幅75㎝以上高さ120㎝以上の大きさの窓を設置している場合は、非常用進入口は設置不用。

 

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)

 

【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点