目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成29年度試験 問26 原状回復のガイドライン

 



賃貸不動産経営管理士 過去問 平成29年度試験 問26

【問 26】 ガイドラインに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 

1 ガイドラインによれば、震災等の不可抗力による損耗や、借主と無関係な第三者がもたらした損耗等については、借主が負担すべきであるとされている。

2 ガイドラインによれば、借主の住まい方や使い方次第で発生したりしなかったりすると考えられるものは、貸主が負担すべきであるとされている。

3 ガイドラインによれば、賃借人に原状回復義務が発生すると思われるものであっても、損耗の程度を考慮し、賃借人の負担割合等についてより詳細に決定することも考えられるとしている。

4 ガイドラインによれば、借主が通常の住まい方、使い方をしても発生すると考えられる損耗等があって、その後の手入れ等借主の管理が悪かったために、その損耗等が発生又は拡大したと考えられるものは、貸主が負担すべきであるとされている。


 

 

 

解説

答えは 3 ですね。

ここは問24につづいて原状回復のガイドライン二発目。

そんなに難しくないですよね。

選択肢1は、震災等の不可抗力による損耗や、借主と無関係な第三者がもたらした損耗等について、借主が負担させられたらブチ切れますよね。当然貸主負担で間違い。

選択肢2は、借主の住まい方や使い方次第で発生した損耗などは借主、通常の使い方で損耗したものは貸主なおんで間違い。

選択肢4は、借主が通常の住まい方、使い方をしても発生すると考えられる損耗等があって、その後の手入れ等借主の管理が悪かったために、その損耗等が発生又は拡大したと考えられるものは借主なので間違い。


(試験対策初級編)賃貸借契約の管理その3 原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについてで詳しく解説しておりますのでご参照ください。

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp


 きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題はこちらから

メニューページへ

 

 


賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)

 

【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)