目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問29 建築物の定期報告制度

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問29

【問29】建築物の定期報告制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1 政令で定める建築物及び当該政令で定めるもの以外の特定建築物で特定行政庁が指定するもの(以下、本問において「特定建築物」という。)は、定期的にその状況を調査してその結果を特定行政庁に報告することが義務付けられている。

 

2 特定建築物の定期調査・検査は、一級建築士に実施させなければならない。

 

3 特定建築物に関する報告の主な調査内容は、敷地、構造、防火、避難の4項目である。

 

4 特定建築物の共同住宅の定期調査報告は、3年ごとに行う義務がある。

 

 

 

 

 

 

解説

答えは 2 ですね。

二級建築士、特定建築物調査員も実施可能ですよね。

 

 建築物の定期報告制度を勉強するなら

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp



平成30年問30へ


 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40