目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問23 賃貸借契約の解除

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問23

【問23】賃貸借契約の解除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

 

1 賃料の滞納が一度でもあれば、滞納自体が債務不履行に該当し、契約当事者の信頼関係を破壊するため、滞納理由について調査する必要はない。

 

2 賃料滞納を理由として賃貸借契約を解除する場合、配達証明付き内容証明郵便を用いて催告を行うと、催告を行ったことについて裁判上の証拠となる。

 

3 賃料滞納を理由として賃貸借契約を解除する場合、催告と解除の意思表示は別個の書面で行わなければ、解除の効果が生じない。

 

4 借主が長期にわたり行方不明となっている場合、すでに賃貸建物を占有しているとは言えないため、賃貸借契約の解除の意思表示をしなくても、契約は終了する。

 

 

 

 

 

 

解説

答えは 2 ですね。


選択肢1 ✖ ちょっと極端。よく言うのは3回くらい督促しても~という感じ。

 


選択肢3 ✖ 別個の書面で行う必要はないと思われます。

 


選択肢3 ✖ 自力救済の禁止なので、手続きは必要と考えます。




平成30年問24へ


 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40