目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問18 建物賃貸借契約書

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問18

【問18】建物賃貸借契約書の記載に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

 

1 賃貸借契約書に借主からの期間内解約を認める規定があるものの、予告期間の定めがない場合、解約申入れから3か月を経過することで契約は終了する。

 

2 賃貸借契約書に賃料の支払日について記載がない場合、平成30年11月分の賃料の支払日は平成30年10月31日である。

 

3 賃貸借契約書に必要費償還請求権の規定がない場合であっても、借主が雨漏りを修繕するための費用を支出したとき、借主は貸主に対して必要費の償還を請求することができる。

 

4 賃貸借契約書に遅延損害金の規定がない場合であっても、借主が賃料の支払を遅延したとき、貸主は借主に対して年5%の遅延損害金を請求することができる。

 

 

 

 

 

 

解説

答えは 3 ですね。

答えは 2 ですね。

賃料の支払日は特約がない場合後払いとなります。この場合支払日は、11月30日となりますね。

 

賃貸住宅標準契約書について勉強するなら

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp



 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40