目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問15 賃貸借契約の特約の有効性

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問15

【問15】賃貸借契約の特約の有効性に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

 

 

ア 賃貸借の期間内に建物が競売により売却され、その所有権が他の者に帰属した場合に賃貸借契約が終了する旨の特約は、無効である。

 

イ 賃貸借の更新について合意が成立しない場合は賃貸借契約が期間満了と同時に当然に終了する旨の特約は、有効である。

 

ウ 借主が貸主の同意を得て賃貸建物に設置した造作について、建物明渡し時に買取請求権を行使することができない旨の特約は、有効である。

 

エ 振込みにより賃料を支払う場合の振込み手数料を貸主負担とする旨の特約は、無効である。

 

 

 

1 ア、イ

2 ア、ウ

3 イ、エ

4 ウ、エ

 

 

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

選択肢イ ✖ 更新拒絶につき正当事由や6か月以上の通知が必要ということを考えると、借主に不利になる特約は無効になると思います。

 

選択肢エ ✖ 別段の意思表示により貸主負担も有効になります。
 
 
 平成30年問16へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40