目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問14 賃貸借契約の保証

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問14

【問14】賃貸借契約の保証に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 

 

ア 連帯保証においては、附従性が否定されるため、連帯保証人は、借主が負担する債務よりも重い保証債務を負担する。

 

イ 保証人は、賃貸物件の明渡義務を直接負うわけではないので、借主が賃貸借契約の解除後に明渡しを遅滞したことによって生じた賃料相当損害金については保証債務を負わない。

 

ウ 賃貸借契約の更新の際、特段の事情のない限り、保証人は更新後の保証債務を負う。

 

エ 法人が保証人となる場合であっても、書面によらない保証契約は無効である。



 

1 ア、イ

2 ア、エ

3 イ、ウ

4 ウ、エ

 

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

選択肢ア ✖ 附従性は肯定されますね。民法448条に「保証人の負担が債務の目的又は態様において主たる債務より重いときは、これを主たる債務の限度に減縮する。」とあるので、重くはできません。


選択肢イ ✖ 主たる債務に従うので、損害金も保証債務を負います。

保証契約について勉強するなら

平成30年問15へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40