目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問12 定期借家契約

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問12

【問12】定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 

 

ア 定期建物賃貸借契約の事前説明は、「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨を口頭で説明すれば足り、別途、書面を交付する必要はない。

 

イ 定期建物賃貸借契約書に「契約の締結に先立って説明を受けた」旨の記載がない場合には、事前説明書を交付して説明を行っていたとしても、定期建物賃貸借契約としての効力を有しない。

 

ウ 契約期間を1年未満とする定期建物賃貸借契約も有効である。

 

エ 賃貸借の媒介業者が宅地建物取引業法による重要事項説明書に基づき、「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨の説明を行ったので、貸主による事前説明を省略した場合、定期建物賃貸借契約としての効力を有しない。

 

 

1 ア、イ

2 ア、エ

3 イ、ウ

4 ウ、エ

 

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

選択肢ア ✖ 賃貸人が書面を交付したうえで説明しないといけません。

 

選択肢イ  定期建物賃貸借契約を締結するにあたり、建物の賃貸人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、この賃貸借は契約の更新がなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面(事前説明書面)を交付して説明(事前説明)しなければならないとされています(借地借家法38条2項)。

契約書に記載は不要なので✖。

 


定期借家契約について勉強するなら

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp

 
平成30年問13へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40