目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問8 管理委託契約

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問8

【問8】賃貸不動産の管理受託契約に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

 

1 賃料等の受領に係る事務を目的とする管理受託契約においては、履行期に関する特約がない場合、受託業務の履行と報酬の支払とが同時履行の関係にある。

 
2 委託者が死亡した場合、管理受託契約に特約がなくとも、相続人が管理受託契約の委託者となり、管理受託契約は終了しない。

 
3 受託者たる管理業者は、委託者の承諾を得ずとも、必要があれば管理業務を再委託することができる。

 
4 管理受託契約は、請負と異なり、仕事の完成は目的となっていない。

 

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

選択肢1 ✖ 履行した後しか報酬支払い請求ができない。

 

選択肢2 ✖ 委任者の死亡は、委任契約の終了事由となります。

 

選択肢3 ✖ 委任者の承諾がないと再委託はできない。

 

 

管理委託契約について詳しく勉強するなら

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp


平成30年問9へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40