目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 平成30年度試験 問9 サブリース方式

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問9

【問9】管理業者がサブリース方式により賃貸管理を行う場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

 

1 サブリース方式による管理の場合、管理業者は原賃貸人の代理人の立場で、賃貸物件を借り受けている。 

 

2 転借人が転貸借契約の終了により賃貸物件を明け渡した場合、原賃貸人と管理業者は、転借入に対して、連帯して敷金返還債務を負う。

 

3 原賃貸借契約が管理業者の債務不履行により解除された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

 

4 原賃貸借契約が合意解約された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

 

 

 

 

 

解説

答えは 3 ですね。

選択肢1 ✖ サブリース方式の場合、管理業者=賃借人となり、転貸して収益を上げる。

 

選択肢2 ✖ 転借人は、原賃貸人に対して直接義務を負うだけであって、権利を行使することは原則できません。つまり、原賃貸人は転借人に対し直接義務を負わないことになります。

 

選択肢4 ✖ この場合、合意解除は転借人に対抗できませんねえ。なので安い金額で契約されていたりすると苦労することになります。

 

サブリース方式について詳しく勉強するなら

chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp



平成30年問10へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40