目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問4 区分所有法

 

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問4

【問4】区分所有法の定める建物及びその敷地に関する定義によれば、次の記述のうち、正しいものの組合せは、1~4のうちどれか。

 

ア 建物の敷地には、建物が所在する土地のほか、それと一体として管理又は使用する土地で規約により建物の敷地とされたものも含まれる。

 

イ 専有部分は、規約により共用部分とすることができるが、附属の建物については、規約により共用部分とすることはできない。

 

ウ 専有部分は、区分所有権の目的たる建物の部分であり、その用途は住居、店舗、事務所又は倉庫に供することができるものに限られる。


エ 専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利である敷地利用権は、所有権だけでなく賃借権や地上権も含まれる。

 

 

1 アとイ

2 イとウ

3 ウとエ

4 エとア

 

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

アとエが正しい。

選択肢イは、✖。

規約により共用部分とすることは可能。


選択肢ウは、✖。

室内の使用については、規約で制限はできるか無ければ基本自由に使ってよい。


平成30年問5へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40