目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問1 区分所有法

 

どうも不動産職人です。

f:id:fudousancom:20180523144517j:plain


平成30年の解説をボチボチやっていきます。

問1から区分所有法とこれまでにないパターンでしたね。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問1

【問1】規約に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、正しいものはどれか。

 

1 規約の設定、変更又は廃止については、集会を招集してその集会の決議によってこれを設定、変更又は廃止をする以外の方法は認められていない。

 

2 規約の設定、変更又は廃止が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼすべきときは、当該区分所有者は、規約の設定、変更又は廃止の決議に賛成した区分所有者に対し、自己の区分所有権等を時価で買い取るべきことを請求することができる。 

                                              

3 一部共用部分の管理は、区分所有者全員の利害に関係するもの以外は、これを共用すべき区分所有者のみで行う。

 

4 規約は、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者又はその代理人が保管しなければならないが、保管する者の選任は、集会の決議によるほか規約で定めることもできる。

 

 

 

 

解説

答えは 4 ですね。

選択肢1は、✖。
規約の設定、変更又は廃止でなくても、書面又は電磁的方法による決議が可能。

選択肢2は、✖。
こんな買取請求権はありませんね。大規模滅失の復旧決議の時や建替え決議の際に、決議に賛成した区分所有者以外の区分所有者は買取請求ができるというはありますが。

選択肢3は、✖。一部の共用部分の管理は、規約で定めれば区分所有者全員に管理してもらうことができます。


平成30年問2へ

 

個別解説はこちらから

このページをブックマークしておいてもらうといつでもスマフォで過去問の復習ができます。

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 
11    12   13   14    15   16    17   18   19   20
21    22   23   24    25   26    27   28   29   30
31 32   33 34 35 36 37 38  39   40