目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

平成29年テキスト改訂ポイント 賃貸不動産経営管理士その10賃貸不動産に関する基本法令(法令以外の賃貸不動産管理に関連する制度)

 



応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


賃貸不動産管理に関する基本法令
(法令以外の賃貸不動産管理に関連する制度) 

ここもかなり範囲が広いのでちょっと抜粋しておきます。

反社会的勢力排除
反社会的勢力とは暴力団関係者、
いわゆるヤ〇ザ屋さんには
建物を貸さない、物件を販売してはいけない
という法律です。

皆さんも契約時に反社会的勢力の排除や
弊社だと「暴力団等排除に関する誓約書」
ということで暴力団関係者ではないですという
誓約書を書いてもらっています。

賃貸の場合は契約後にわかったら契約解除、
売買の場合は売買価格の同額の違約金の支払いがあるなど
かなり厳しい内容になっています。

試験問題では、平成27年の問12などで
借主が反社会的勢力でないか確認が重要というような
内容で出ています。

その他では、

・暴力団排除条例は各都道府県で制定されている

・条例で不動産取引の媒介、代理する業者において
暴力団関係者かどうか確認する義務まではない

など注意が必要です。

原状回復のトラブル
平成23年8月に国土交通省が
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを再改訂しています。

ガイドラインの趣旨としては、

借主が通常の使用にともなって生じるようなキズや汚れ(通常損耗)は
家賃の中に入っているので退去時に支払わなくても良い
としています。

但し、故意過失でつけたキズや汚れは、経過年数を考慮し
借主が原状回復の負担をしなければなりません

原状回復は必ず毎年出ていますので
詳細は又原状回復をテーマに別でアップしたいと思います。

平成27年の問24問27、平成28年の問24問28に出題
 
 
賃貸不動産経営管理士
その1倫理憲章 
その2賃貸不動産経営管理士に求められるコンプライアンス
その3賃貸不動産に関する基本法令(民法)
その4賃貸不動産に関する基本法令(借地借家法)
その5賃貸不動産に関する基本法令(消費者契約法)
その6賃貸不動産に関する基本法令(個人情報保護法)
その7賃貸不動産に関する基本法令(住宅の品質確保の促進等に関する法律)
その8賃貸不動産に関する基本法令(宅地建物取引業法)
その9賃貸不動産に関する基本法令(コンプライアンスに関する法令の状況)
その10賃貸不動産に関する基本法令(法令以外の賃貸不動産管理に関連する制度)
その11賃貸不動産に関する基本法令(他士業業務との関係)
その12契約の成立 
 

 

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)

 

【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点