目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)賃貸借契約その2 賃貸住宅標準契約書

 


賃貸借契約における賃貸住宅標準契約書
本気でやると深いのですが、取り敢えず試験に出るところをピックアップです。

1.賃貸住宅標準契約書
国土交通省が平成5年に作成公表した民間賃貸住宅の賃貸借契約書のひな型のことです。

◎改訂版のポイントで出るところ

①反社会的勢力の排除

②明け渡し時の原状回復内容の明確化

◎契約書の内容で出やすいところをピックアップ

・賃料の改定について
税金が上がったりし、賃料が不相応になった場合は貸主、借主は協議の上賃料を改定できる。
※実際の運営上では更新時の賃料交渉は結構あります。

・敷金の考え方
民法では、賃貸借が終了して明渡しが完了すると敷金の範囲内で債務は相殺される(差し引かれる)が、表人賃貸借契約書は、当然差し引きではなく、差し引くことができるとの条文になっている。違いに注意!

・修繕、工作物の設置など
貸主は、借主が部屋を使用するに当たり、必要な修繕を行わなければならない。(雨漏りなど)工作物を設置する場合は、書面による許可がいる。

※その他書面による許可がいるもの
①賃借権を譲渡、又は転貸すること

②階段廊下等の共用部分に物品を置く、ポスターなどを貼る。

③ペットを飼う

※通知が必要なもの
①同居人の追加(勝手に増やすと契約違反に!)

②一か月以上継続して本物件を留守にする
(実際は家賃さえ払っていれば大丈夫)

平成27年問15で出題
・条文に書いているかいないか
(自社の契約書には書いてあるが、標準契約書にないものも多い)

書いてそうで書いていないもの。
①更新料の授受に関する条項が設けられている。
→更新の内容は書いている

②敷引き及び保証金に関する条項が設けられている。
→敷金については書いているが敷引き、保証金はない。

③貸主、借主いずれにしても、契約期間中に中途解約できる旨の特約
→貸主については書いてません。


原状回復は重要なので、別途項目が設けられています。
 
平成28年の問13では、借地借家法の適用のある建物賃貸借契約の特約の有効性に関する問題が出題されてましたね。


chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp

 

きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題はこちらから

メニューページへ

 

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,916から
(2018/4/18 00:09時点)


【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2018/4/18 00:07時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点