目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問29 解説付

 



問29 建ぺい率に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合である。

 

2.住居系の用途地域での建ぺい率は、30%から80%の範囲で指定される。

 

3.商業系の用途地域での建ぺい率は、60%から80%の範囲で指定される。

 

4.工業系の用途地域での建ぺい率は、70%から90%の範囲で指定される。



答えは、4ですね。

多分、宅建を意識して作った問題ですが、

うーん、雑。ですが、ここまで求めてくるかとは思いました。

1は間違いなく正しいです。

その他は住居系は確かに範囲としては30~80%ですが、

33%とかあるわけでなく、第一種低層住居専用地域で.あれば
30、40、50、60%という設定です。

商業系と言っても近隣商業地域は60%、80%ですし、商業地域は80%という設定です。

私も90%というのはないやろうというので工業系にしたという感じです。


建ぺい率を勉強するなら
建ぺい率・容積率


chinntaifudousankeieikarishi.hatenablog.jp


きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題はこちらから

メニューページへ

 

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)

 

【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点