目指せ!賃貸不動産経営管理士試験に合格!

賃貸不動産経営管理士の試験合格を目指す皆さんのお役に立てればと思い立ち上げました。

平成28年過去問個別解説

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問40 解説付(4点免除問題)

// 4点免除の方は受ける必要のない問題です。 問40 保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.地震保険に加入する際には、主契約の火災保険と同額の保険金額で加入する必要がある。 2.火災保険は、保険の中で、賃貸不動産管理の経営…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問39 解説付(4点免除問題)

// // 4点免除の方は受ける必要のない問題です。 問39 換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.シックハウス症候群の原因物質の除去対策として、新築建物には自然換気設備の設置が義務付けられている。 2.第1種機械換気は、…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問38 解説付(4点免除問題)

// // ここからは4点免除の方は受ける必要のない問題です。 問38 建築構造に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において 他の建築構造より劣る。 2.鉄筋コンクリ―ト造…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問37 解説付(4点免除問題)

// ここからは4点免除の方は受ける必要のない問題です。 問37 空き家と賃貸不動産管理の関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からも さまざまな問題が生じている…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問36 解説付

// 問36 不動産の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.相続人が取得した空き家やその敷地を売却した場合、所得税に関し、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円控除の適用を受けることができる。 2.適切な管理がされていない空き…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問35 解説付

// 問35 固定資産税及び都市計画税に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1.固定資産税は、毎年1月1日現在の土地・建物の所有者に対して課される地方税である。 2.都市計画税は、毎年1月1日時点の市街化区域内にある土地・建物等の所有者…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問34 解説付

// 問34 不動産証券化とプロパティマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.平成10年に特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律(現在の「資産の流動化に関する法律」が制定され、SPCが証券を発行して投資家から不動産…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問33 解説付

// 問33 賃貸不動産の企画提案の事業収支に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.住宅の耐用年数は、鉄筋コンクリート造で47年、重量鉄骨造で34年、木造(サイディング張り)で 22年とされており、定額法又は定率法によって償却する。 2…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問32 解説付

// 問32 昇降機設備・機械式駐車場設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.エレベーターの保守契約におけるPOG契約(パーツ・オイル&グリース契約)は、契約範囲外の部品の取替えや機器の修理は別料金となるので、経年劣化により費…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問31 消防用設備等

// ここは毎年出る内容なのできちんと覚えておく必要があります。特に自動火災報知機設備についてはよく勉強しておくと良いと思います。 問31 消防用設備等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.複合用途建物では、住宅用火災警報器を…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問30 解説付

// 問30 建物の維持管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.特殊建築物等の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければならない。 2.予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全で…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問29 解説付

// 問29 建ぺい率に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合である。 2.住居系の用途地域での建ぺい率は、30%から80%の範囲で指定される。 3.商業系の用途地域での建ぺい率は、60%から…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問28 解説付

// 問28 ガイドラインに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.新築から3年経過後に入居し、グラフの始点を50%と決定していた場合で、 入居1年後の退去の際、クロス(耐用年数6年)に借主が補修費用を負担すべき 損耗等があった。その張替…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問27 解説付

// 問27 アウトソーシングに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができる。 2.設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問26 解説付

// 問26 鍵の管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1.前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、 盗難等のトラブルの原因になることがある。 2.ロータリー(U9)シリンダー鍵は、以前は広く普及してい…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問25 解説付

// 問25 借主の居住ルール及び苦情処理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.借主から管理業者に対し、クレームやトラブルが発生したとの電話連絡があった場合には、 電話で状況を聞くことよりも、まずは現場へ駆けつけることを優先すべ…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問24 解説付

// 問24 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改定版)」 (平成23年8月国土交通省住宅局公表。以下、各問において、「ガイドライン」という。) に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.ガイドラインによれば、借主の故意過失、善管…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問23 解説付

// 問23 賃貸契約の解除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.賃貸借契約を解除する場合、借主に対して解除の意思表示を行えばその意思表示が借主に到達していなくても効力が生じる。 2.賃貸物件が共有の場合には、賃貸借契約を解除す…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問22 解説付

// 問22 未収賃料の回収に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1.未収賃料を回収する目的で、管理業者が借主の承諾を得ずにドアの鍵部分にカバーをかけ、借主の入室が困難な状態にした場合、管理業者が損害賠償責任を負うことはあっても、貸…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問21 解説付

// 問21 敷金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.敷金契約は、賃貸借契約に付随する契約であるから、敷金契約のみを合意解除することはできない。 2.敷金は、賃貸借契約上の債務を担保するための金額であるから、賃貸借契約の締結後…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問20 解説付

// 問20 賃貸不動産の修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.借主は、賃貸不動産について貸主の負担に属する必要費を支出した時は、貸主に対し、直ちにその償還を請求することができる。 2.借主が貸主による賃貸不動産の修繕に伴…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問19 解説付

// 問19 借主の義務と責任に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.賃貸不動産につき修繕を要するときは、借主は、遅滞なくその旨を貸主に通知しなければならない。 2.賃貸不動産が転借人の過失により損傷した場合、借主は、転貸につい…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問18 解説付

// 問18 書面による法律行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.定期建物賃貸借契約の締結は、書面によって行わなければ効力が生じない。 2.一時使用目的の建物の賃貸借契約の締結は、書面によらなくても効力が生じる。 3.賃貸借…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問17 解説付

// 問17 賃貸借契約と使用貸借契約との異同に関する次の記述のうち、 最も不適切なものはどれか。 1.貸主が死亡した場合、使用貸借契約は終了するが、賃貸借契約は終了しない。 2.使用貸借契約の終了に当たっては、賃貸借契約の終了時に必要とされるこ…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問16 解説付

// 問16 賃貸借契約の保証に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.保証人は、反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情のない限り、更新後の賃貸借から生ずる借主の債務についても保証の攻めを負い、貸主において保証債務の履行を請求す…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問15 解説付

// 問15 賃貸不動産の所有権移転と賃貸借契約上の地位の移転に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1 貸主が、自己の所有建物を借主に賃貸して引き渡した後、第三者に当該建物を売却し、所有権移転登記を完了した場合には、特段の事情がない…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問14 解説付

// 問14 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1.定期建物賃貸借契約の事前説明は、「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨を記載した書面を交付することで足り、別途、口頭で説明する必要はない。 2.契約…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問13 解説付

// 問13 借地借家法の適用のある建物賃貸借契約の特約の有効性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.賃貸借契約の締結と同時に設定される「期間満了時に賃貸借が解約される」旨の特約は無効である。 2.法令におり一定の期間を経過し…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問12 解説付

// 問12 借主の募集を行うための事前準備に関する次の記述のうち、 もっとも適切なものはどれか。 1.部屋を案内する際、図面、メモ用紙やペン、メジャー、スリッパ等を用意しておくのは、良いアイデアだが、家具までを用意するのは適切ではない。 2.借…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問11 解説付

// 問11 借主の募集に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1.重要な事項ついて、故意に事実を告げず又は不実(本当でないこと)を 告げることは禁止されている。 2.契約の申し込みのため又は借受希望者が一度した申し込みの撤回もしくは…